ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:7.7% #櫻井翔 #先僕 - 嵐ジャニーズ情報Twitterまとめ

ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:7.7% #櫻井翔 #先僕

11月4日放送の土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話の感想やTwitterの反応、視聴率などをまとめています♪

 4日に放送された「嵐」の櫻井翔(35)主演の日本テレビ系ドラマ「先に生まれただけの僕」(土曜・後10時)第4話の平均視聴率が7・7%だったことが6日分かった。前回の10・5%から2・8ポイント急落した。


出典:「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第4話は7・7% 前回から2・8ポイント急落 : スポーツ報知


スポンサーリンク



にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

11/4放送「先に生まれただけの僕」第4話

第4話あらすじ

生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。
アクティブラーニングのノウハウを持っていた英語教師の島津(瀬戸康史)をはじめ、薫(木南晴夏)、日菜子(森川葵)は、鳴海の提案に賛成。
一方、文恵(秋山菜津子)、郷原(荒川良々)、河原崎(池田鉄洋)は、自分なりの授業のやり方があると言って反対。ちひろ(蒼井優)は興味を持ちながらも、手放しで賛成できずにいた。職員室の意見が分かれる中、アクティブラーニングの授業は生徒たちに好評で、鳴海は手応えを感じるも、同時に、鳴海が予想していなかった問題が持ち上がる。

そんな折、鳴海は加賀谷(高嶋政伸)に呼び出され、京明館の経営の立て直しを命じたのであって教育理念を変えろとは言っていない、と強く叱責される。
加賀谷が高圧的な態度で鳴海にあたっていることを知った聡子(多部未華子)は、鳴海を心配するが…。













楽天ブックス
Doors 〜勇気の軌跡〜 (初回盤1+初回盤2+通常盤セット) [ 嵐 ]
Doors 〜勇気の軌跡〜 (初回限定盤1 CD+DVD) [ 嵐 ]
Doors 〜勇気の軌跡〜 (初回限定盤2 CD+DVD) [ 嵐 ]
Doors 〜勇気の軌跡〜 (通常盤) [ 嵐 ]

セブンネット
嵐/Doors ~勇気の軌跡~(初回限定盤1+2+通常盤 セット)
嵐/Doors ~勇気の軌跡~(初回限定盤1/CD+DVD)
嵐/Doors ~勇気の軌跡~(初回限定盤2/CD+DVD)
嵐/Doors ~勇気の軌跡~(通常盤/CD)

スポンサーリンク


関連記事