ドラマ「先に生まれただけの僕」第8話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:8.6% #櫻井翔 #先僕 - 嵐ジャニーズ情報Twitterまとめ

ドラマ「先に生まれただけの僕」第8話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:8.6% #櫻井翔 #先僕

12月2日放送の土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」第8話の感想やTwitterの反応、視聴率などをまとめています♪

 櫻井翔(35)主演の日本テレビ系連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(土曜午後10時)の2日第8話の平均視聴率が8・6%(関東地区)だったことが4日、ビデオリサーチの調べでわかった。前回第7話は8・4%だった。


出典:「先に生まれただけの僕」櫻井翔校長が奮闘8・6% - ジャニーズ : 日刊スポーツ


スポンサーリンク



にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

12/2放送「先に生まれただけの僕」第8話

第8話あらすじ

少しずつではあるが学校改革に手応えを感じ始め、一層気合いが入る鳴海(櫻井翔)。しかしそんな中、ちひろ(蒼井優)から2年3組の生徒・大和田達也(伊能佑之介)の成績が急降下し、達也の父・和宏(升毅)が激怒している事を知らされる。
達也は当初クラスでも上位の成績だったのだが、今や成績は最下位。3年生進級時には進学クラスから普通クラスに移らなければならない程の事態に陥っていた。学校を訪れた和宏は、息子の成績が落ちたのは学校の責任だと決めつけ、聞く耳を持たない。

達也はすでにアマチュア五段の腕前で、「プロ棋士になる為に全ての時間を将棋に使いたい」「学校を辞めたっていい」と言い始める。
将棋の世界を知らない鳴海やちひろは、後日、改めて話し合いの場を設ける事に…。
一方、ロンドン出張中の聡子(多部未華子)は、後藤田(平山浩行)から衝撃の告白を受けていた…。















スポンサーリンク


関連記事