ドラマ「先に生まれただけの僕」第9話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:8.2% #櫻井翔 #先僕 - 嵐ジャニーズ情報Twitterまとめ

ドラマ「先に生まれただけの僕」第9話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:8.2% #櫻井翔 #先僕

12月9日放送の土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」第9話の感想やTwitterの反応、視聴率などをまとめています♪

 櫻井翔(35)主演の日本テレビ系連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(土曜午後10時)の9日第9話の平均視聴率が8・2%(関東地区)だったことが11日、ビデオリサーチの調べでわかった。前回第8話は8・6%だった。


出典:櫻井翔「先に生まれただけの僕」部活の意義8・2% - ジャニーズ : 日刊スポーツ


スポンサーリンク



にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

12/9放送「先に生まれただけの僕」第9話

第9話あらすじ

バスケ部に所属する生徒の保護者たちが怒っていると顧問である河原崎(池田鉄洋)から聞かされた鳴海(櫻井翔)。
その理由は、部活強化のために雇ったバスケ部コーチ・熱川(松田悟志)が遠征試合を組み、保護者の負担する費用があまりに高額だった為であった。熱川から遠征試合について何も聞かされていなかった河原崎は、彼に怒りをぶつけ、それに対し熱川は、遠征はバスケ部を強くするために必要だと主張。板挟みになった鳴海は困惑する。

職員会議では、来年度の入学試験のことが議題に挙がる。来年度の生徒を目標数獲得するには、1000人程度の受験生に個別相談に来てもらう必要があることを知り、鳴海は驚愕。“すべり止め”校である京明館が、どうすれば受験生を増やし、目標の入学者数を確保できるか、教師たちはアイデアを出し合う。
一方、鳴海と聡子の関係はさらにすれ違いを生み、二人の関係に悩む聡子(多部未華子)は、仕事でミスを犯してしまう。また、聡子の思いに気付かない鳴海は、ちひろ(蒼井優)に対し、聡子に指輪をどのようにして渡せばいいかを相談。相談を受けたちひろは複雑な思いを抱く。

















スポンサーリンク


関連記事