ドラマ「もみ消して冬」第1話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:13.3% #山田涼介 #もみ消して冬 #もみ冬 - 嵐ジャニーズ情報Twitterまとめ

ドラマ「もみ消して冬」第1話まとめ 感想 ネタバレ 視聴率:13.3% #山田涼介 #もみ消して冬 #もみ冬

1月13日放送の土曜ドラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」第1話の感想やTwitterの反応、視聴率などをまとめています♪

 「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(24)が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」(土曜後10・00)が13日、15分拡大でスタートし、平均視聴率は13・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。


出典:Hey!Say!山田涼介主演「もみ消して冬」初回視聴率13・3% 「土10」移動後初回最高― スポニチ Sponichi Annex 芸能


スポンサーリンク



にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

1/13放送「もみ消して冬」第1話

第1話あらすじ

エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、難関私立中の学園長である父、泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、ちょっとしんどい人生を送ってきた。
そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。

泰蔵が好きになった女性に裸の写真を撮られ、金を要求されたのだ。厳格な父のまさかの告白にショックをうける秀作。これが世に出れば北沢家は終わる。博文と知晶は医者と弁護士の職業倫理に反してでも何とかしようと奔走し、秀作にも協力させようとする。
そして“平成の華麗なる一族”の北沢家で執事見習いを始めたばかりの楠木(千葉雄大)は、この一家の一大事を口外すればクビだとベテラン執事の小岩井(浅野和之)から釘をさされる。

そんな中「家族を守りたいが法律は犯せない」と葛藤し追い詰められた秀作は、女性を説得しようと、警察の中でも説得のスペシャリストであるSITのホープ、尾関(小瀧望)に相談するが…。











Amazon
マエヲムケ(初回限定盤)
マエヲムケ(通常盤初回プレス)
マエヲムケ(通常盤)

楽天ブックス
【先着特典】マエヲムケ (初回盤+初回プレス盤+通常盤セット) (オリジナル・ポスター付き) [ Hey! Say! JUMP ]
マエヲムケ (初回限定盤 CD+DVD) [ Hey! Say! JUMP ]
マエヲムケ (初回プレス盤) [ Hey! Say! JUMP ]
【先着特典】マエヲムケ (通常盤) (オリジナル・ポスター付き) [ Hey! Say! JUMP ]

セブンネット
マエヲムケ(初回限定盤+通常盤/初回プレス+通常盤 3枚セット)(外付特典:オリジナル・ポスター 1枚)
マエヲムケ(初回限定盤/CD+DVD)
マエヲムケ(通常盤/初回プレス/CD)
マエヲムケ(通常盤/CD)(外付特典:オリジナル・ポスター 1枚)


スポンサーリンク


関連記事