ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」最終回まとめ 感想 小ネタ 視聴率:21.0% #松本潤 #中島裕翔 #日曜劇場999 - 嵐ジャニーズ情報Twitterまとめ

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」最終回まとめ 感想 小ネタ 視聴率:21.0% #松本潤 #中島裕翔 #日曜劇場999

3月18日放送の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第9話(最終話)の感想やTwitterの反応、視聴率などをまとめています♪

 「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の最終回が18日、2時間SPとして放送され、平均視聴率は21・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。 第2、8話に記録した18・0%を大幅3・0ポイント更新する自己最高で有終の美を飾った。


出典:嵐・松本潤主演「99.9」最終回は自己最高21・0%!初の大台超えで有終の美― スポニチ Sponichi Annex 芸能


スポンサーリンク



にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

3/18放送「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」最終話

最終話あらすじ

深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。
依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。深山と舞子(木村文乃)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出すことに。

しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるだけあって、一度最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ不可能に近く、苦戦を強いられる。その上、再審請求を審理する裁判長に川上(笑福亭鶴瓶)が就任する。 久世の無実を立証すべく奮闘する深山たちに辛酸をなめさせられ裁判所内で後がない川上は、建前では公平に審議するためと言いつつ、深山たちに無理難題を押しつけるのだった。

佐田(香川照之)はマスコミ介し世論にアピールすることで、審議を有利に進めようとするが、反対に都合が悪いことを週刊誌に書かれてしまい、依頼人である亮平たちからの信頼を裏切ってしまう…。

0.1%の可能性さえも潰されつつある中、深山たちは事実にたどり着き、『開かずの扉』をこじ開けることができるのか!?

































楽天ブックス
【先着特典】99.9-刑事専門弁護士ー SEASONII Blu-ray BOX(「御名糖」飴ストラップ付き)【Blu-ray】
【先着特典】99.9-刑事専門弁護士ー SEASONII DVD-BOX(「御名糖」飴ストラップ付き)

Amazon
【早期購入特典あり】99.9-刑事専門弁護士- SEASONII Blu-ray BOX(「御名糖」飴ストラップ付)
【早期購入特典あり】99.9-刑事専門弁護士- SEASONII DVD-BOX(「御名糖」飴ストラップ付)

セブンネット
99.9-刑事専門弁護士- SEASON II Blu-ray BOX<予約購入特典:「御名糖」飴ストラップ付き>(Blu-ray Disc)
99.9-刑事専門弁護士- SEASON II DVD-BOX<予約購入特典:「御名糖」飴ストラップ付き>


スポンサーリンク


関連記事